・・・今日は、どうぞごゆっくり遊んで下さい。・・
わが街もわが家も銀世界
首都圏地域は、南岸低気圧と寒気の影響で、昨1月22日午後から深夜にかけて、4年ぶりの大雪に見舞われました。
鉄道・道路・空の便などに大きな影響が出て、22日の夕方から多くの方が困難に遭遇されて大変お気の毒でした。地下トンネル道路が約18㌔と日本一長い山手トンネルでは5時間以上も渋滞で動けなくなり、車から降りて地上に脱出する人も出たとのことで、本当にお疲れ様でした。
拙宅は、大雪を見越して前日の21日日曜日に買い物を済ませたので、22日はのんびり過ごせました。
23日は、久しぶりに拙宅前の除雪作業を行い、終わってから町内会の雪景色見物に出かけましたが、4年ぶりの銀世界になぜかウキウキした気分でした。大橋昇
1.我が家の銀世界
2階寝室からの眺め、庭、車庫の銀世界です。
車庫には屋根があるのに、前部と上部が積雪していたのに驚きました。横殴りの雪だったのでしょう。
e0080375_13502574.jpg

e0080375_13523632.jpg

e0080375_13541946.jpg


2.町内散歩風景
<夏みかん>
沢山実っていた大きな樹木に冠雪です。雪が降ったら写真を撮ろうと狙っていた樹木です。
e0080375_140846.jpg

e0080375_1403340.jpg


<ロウバイ>
駅まで歩くときいつも眺めていたロウバイです。
e0080375_1421382.jpg

e0080375_142468.jpg


<樹木とオートバイ>
立派な庭樹とオートバイに冠雪の風景です。
e0080375_1451920.jpg

e0080375_1455847.jpg

[PR]
# by oohasik | 2018-01-23 14:11 | Comments(0)
富士山写真大賞展
「第19回富士山写真大賞展」が元日から3月25日(日)まで、河口湖美術館で開催されています。
私の作品「桜の葉紅葉」が図らずも入選し、展示50点の一角に展示されています。
今回は、全国から354名、1135点の応募があったそうで、男性315名、女性39名、年齢層も7歳から88歳まで幅広い年齢層で、70歳以上の高齢者が220名だったとのことで、高齢者ががんばっているのが嬉しいことです。
このコンテストの特徴は、山梨・静岡県にまたがる本来の富士山のほかに、榛名富士・利尻富士など郷土富士山も応募に対象になっていて、今回も郷土富士作品が入選しています。
入賞作品は、インターネットで、①河口湖富士山写真大賞展のHP、②右上の富士山大賞展クリック、③第19回受賞作品一覧クリック、④入選者氏名のアイウエオ順で掲載、⑤大橋作品はNO.1406、ですのでご覧ください。大橋昇
<桜の葉紅葉>
2年前の11月、山中湖で撮影。入選作品が飛行機撮影、かさ雲・雲海・虹など自然風景や峠・山の撮影などご苦労を重ねて撮られたのが多い中で、私の作品は平地で、誰でもが撮れる庶民的な情景ですから、本当に図らずものの入選であり、一方庶民的な作品が評価されたことを喜んでいます。
e0080375_9284688.jpg


<チラシの入選者名簿>
e0080375_9422967.jpg


<金賞作品>
チラシからコピーした金賞作品です。飛行機撮影ですが、多分チャーター機からの撮影で、夕陽や雲を計算された上空からの撮影だと思います。大変な苦労作品で、報われました。
e0080375_9314163.jpg


<銀賞作品>
千葉県鋸南町海岸からの撮影の「荒磯の富士山」です。
私も「波と富士山」写真が好きで、西伊豆戸田・土肥海岸から撮ったことがありますが、地元千葉県でも撮れるのですからチャレンジしたい気持ちがあります。
ちょっと気になるのですが、多重撮影ではないのかな・・という思いもあります。千葉海岸からの富士山は超望遠レンズでなければ大きな富士山の撮影は難しく、超望遠だと手前の波の撮影が難しくなりますので・・・。
でも素晴らしい作品です。
e0080375_9385957.jpg


<銅賞作品>
山梨県忍野村での作品「秋の朝霧」。富士山を大きく取り込んで、朝もやの雰囲気が好きです。
e0080375_9411496.jpg

[PR]
# by oohasik | 2018-01-16 09:44 | Comments(0)
寒中お見舞いもうしあげます
寒中お見舞い申し上げます。
今年は全国的に寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか・・・。
首都圏の三が日は好天に恵まれて、初日の出・初詣・家族団らん・駅伝などスポーツ・・明るい新春を迎えました。平穏無事が何よりと存じます。
新春からブログ管理方法が変更されたことに伴い、手続きにミスをしてしまい、この10日間利用できず閉鎖状態になってしまいましたが、ようやく復活ができたようです。
ご挨拶が大変遅れましたが、今年もよろしくお願いいたします。大橋昇
「元日、TVで放映された富士山と初日の出のTV画面です」
e0080375_16215229.jpg

[PR]
# by oohasik | 2018-01-15 16:22 | Comments(0)
東京都第一・第二庁舎・議事堂
12月12日午前、15日まで開催中の「富士山写真展」の会場で富士山写真仲間のTさんにお会いした。6年ぶりの再会で、大変懐かしく嬉しく歓談しました。ご無沙汰していても、富士山撮影や仲間のことはすぐに思い出して話が弾みました。
その後14時までの空き時間を利用して新宿の都庁ビル周辺を散策しましたが、都庁舎を撮影したのは今回が初めてです。
資料によれば、第一庁舎・第二庁舎・都議会議事堂の三棟が1990年12月に竣工し、同4月から都政の中核施設として利用を開始し、以来26年が過ぎている。総工費は1600億円。
第一庁舎は、地上48階建てで高さ243メートル、45階に「南展望室」「北展望室」があって一般に開放されています。第二庁舎は。34階建て、高さは163メートル。
約1時間、都庁の周囲を一周しながら、都庁ビルを撮影しましたのでご紹介します。時期的には11月頃が紅葉で綺麗な情景になると思います。大橋昇

<地図>
e0080375_9575828.jpg

<第一庁舎・議事堂>
京王プラザホテル横から見た第一庁舎・議事堂。
e0080375_957132.jpg

<議事堂正面>
e0080375_9591815.jpg

<第一庁舎正面>
e0080375_1032529.jpg

<新宿中央公園から見た第一庁舎>
e0080375_1041247.jpg

e0080375_1044119.jpg

e0080375_1051236.jpg

e0080375_1053170.jpg

<第二庁舎>
手前が第二庁舎、奥が第一庁舎。
e0080375_106693.jpg

e0080375_1062845.jpg

道路標識の上にカラスが群れていました。
e0080375_1011554.jpg

[PR]
# by oohasik | 2017-12-14 10:15 | Comments(0)
2017.12月富士山3.:梨ケ原大きなつるし雲
12月3日早朝、陸上自衛隊北富士演習場(通称:梨ケ原)に入りました。
予報は東も西も快晴、さてどうしようかと悩みましたが、普段とは違う情景を求めて、日曜・祭日・特定期間しか入場できない梨ケ原に決めて動きました。
到着したら、山頂に大きなつるし雲があり、これはチャンスと思った反面、後ろの山中湖には霧・ガスが湧いていて雲海らしき情景を見て、失敗したかな・・との思いもよぎりました。
でも今更どうしようもなく、大きなつるし雲を追いかけることになりましたが、雲は刻々と変化し一段と大きくなり、今まで見たこともないような大きなつるし雲に発展し、思いがけない成果を得ました。嬉しいことでした。大橋昇

1.梨ケ原:大きなつるし雲
刻々と変化するつるし雲のドラマをご覧ください。
雲が山頂を隠すことがなくて、常に山頂が見えたのは誠にラッキーでした。
e0080375_2014836.jpg

e0080375_20142836.jpg

e0080375_20145240.jpg

e0080375_20151082.jpg

e0080375_20152883.jpg

e0080375_20155768.jpg

e0080375_20161567.jpg

e0080375_20165830.jpg


2.精進湖:かさ雲
精進湖のホテルで朝食中、かさ雲が表れて予期しない情景でした。でも食事最中ですし、またつるし雲を目いっぱい撮影してきたので、途中では動けませんでした。
部屋に戻ったときには、かさ雲は崩れていました。残念でした。
e0080375_20234483.jpg

e0080375_20235876.jpg

[PR]
# by oohasik | 2017-12-07 20:28 | Comments(0)
2017.12月富士山2.:御坂峠・河口湖
12月2日早朝、予報は快晴で、少し高いところから夜景も撮りましょう、ということで、御坂峠に行きました。
夜景が小さいことや左の山が邪魔になる難点がありましたが、バルブも含めて、普段とは違う雰囲気の情景を撮影できました。
撮影後、河口湖産屋ケ崎での逆さ富士も綺麗でした。
その様子を紹介いたします。大橋昇
1.御坂峠
e0080375_2002889.jpg

e0080375_19551944.jpg

e0080375_19553993.jpg

帯び雲とその下に見える河口湖町に陽が当たっています。
e0080375_19555122.jpg


2.河口湖産屋ケ崎
逆さ富士が綺麗でした。
e0080375_19595825.jpg

[PR]
# by oohasik | 2017-12-07 20:01 | Comments(0)
2017.12月富士山1.:13夜月
この投稿をした日は12月7日、今年も残り3周間と少なくなりました。時間の経過は本当に早いですね。
今月1日~3日、富士山写真仲間の有志7名で撮影に行ってきました。
「有志撮影会」は、T先生が主宰してきた富士山撮影ツアーが中断した以降のこの3年間、私が世話役になってマイカー2台で、6~8名の仲間で撮影を楽しんでいるものです。
今回は、今年4月、8月、10月に続いて4回目になりましたが、三日間幸いに天候に恵まれました。
その撮影の様子をご紹介いたします。大橋昇

1.13夜月富士山頂
1日16時過ぎに13夜月が富士山頂に昇るという情景につき、富士宮市人穴での撮影です。
快晴でしたが、小さな雲がとぎれとぎれに西から流れていて月出のときに邪魔にならないか、と心配している最中、月が山頂右端に昇ってきました。
そのときは心配した通り雲が邪魔をしましたが、その後は雲が来なくて、月出のドラマを目いっぱい撮影できました。山肌も赤く染まりましたが、月は「13夜月」なので真丸ではなくて、やや卵型になったのは仕方がありません。
横に並んだカメラマン(車は相模ナンバー)は、三脚・カメラを4台並べて、広角から望遠の大写しまでの構図をセット、自分は今日剣ヶ峰の上に月が昇るのを狙っていると言い、時刻は「16時22分」ですと言っていました。ほぼその通りになったのですから凄いことでした。
刻々と13夜月が昇ってゆく様子をご覧ください。
e0080375_19434061.jpg

e0080375_19435381.jpg

e0080375_1944898.jpg

e0080375_19442298.jpg

e0080375_19443384.jpg

[PR]
# by oohasik | 2017-12-07 19:48 | Comments(0)
2017富士山写真展(個展)開催
11月中旬になって寒さが強くなり、また喪中ハガキを受けとる時期になり、年末年始が近づいているこの頃です。
今月15日から12月15日までの1か月間、「アイテラス落合南長崎」ショッピングセンターの2階ギャラリーで、富士山写真展個展を開催中です。
今回の特徴点は次の通りです。
1.同所では、2012年4月開催以来2回目
2.ギャラリー・展示はショッピングセンターの2階廊下の壁面を利用
3.新旧作品36点(B1:1点、A3:35点)を展示、
4.すべてポジフイルム撮影作品で、かつニュープリント
5.今回が12回目の個展開催
会場の特殊性から大橋は常駐しませんので、ご挨拶等ができず失礼をいたします。
多くの方にご覧いただけることを願っています。大橋昇

「案内ハガキ」
e0080375_1032192.jpg

e0080375_10324280.jpg


「会場風景」
e0080375_10334098.jpg

e0080375_10335651.jpg

e0080375_10342320.jpg

e0080375_10344368.jpg

e0080375_10352342.jpg


「作品」の一部紹介
①春
e0080375_10414497.jpg

②夏
e0080375_1042611.jpg

③秋
e0080375_10425935.jpg

④冬
e0080375_10435355.jpg

[PR]
# by oohasik | 2017-11-17 10:45 | Comments(0)
第19回富士山写真大賞に入選
今年9月30日応募締め切りの「河口湖美術館富士山写真大賞コンテスト」に応募したところ、はからずも昨年11月山中湖畔で撮影の「桜の葉紅葉」が入選いたしました。入選は50点くらいです。
354名、1,135点の沢山の応募の中から、また雲・朝夕・山・峠・・などの凝った、珍しい出逢いの入選作品が多い中、だれでも撮れる普通の被写体の作品での入選は誠に嬉しいことです。加えて、撮影に出かけることが大分少なくなりましたし、以前に比べれば天候不順の日が多くて巡り合わせに恵まれない中で、今回は普通に撮れた作品ですから、嬉しはなおさらです。
入選作品は、来年2018年1月1日より3か月間、「第19回富士山写真大賞展」として河口湖美術館で一般公開されます。有料です。
「桜の葉紅葉」を紹介いたします。大橋昇
e0080375_1034250.jpg


同コンテストでは、「第16回」の河口湖畔「爽秋の湖畔」で入選、銀賞を受賞して以来3年ぶりです。
被写体はコキア(ホーキ草)でした。
e0080375_1010128.jpg


過去には、第6回「絢爛共演」(しだれ桜)、第7回「影」(富士山の影)、第8回「黎明富士」(雲海)、第9回「朝陽燦燦」(日の出とモヤ)で入選していますが、今回は久しぶりの喜びです。
「しだれ桜」(河口湖ビューホテル)
e0080375_1030954.jpg

「影」(山中湖パノラマ台)
e0080375_10363569.jpg

「黎明富士」(新道峠)
e0080375_10372727.jpg

「朝陽燦燦」(本栖湖岩場)
e0080375_10382460.jpg

[PR]
# by oohasik | 2017-11-09 10:17 | Comments(0)
10月富士山2.:モヤ・雲海と稲干し
10月26日、富士積雪を確認し、天候も良いとの予報を受けて、順光の富士を撮るため早朝山中湖パノラマ台へ。狙いはカメラマン共通で、込み合っていましたが、何とか場所を確保できました。
山中湖湖上のモヤ・雲海は厚くて、勢いもあって、大出山の高台にある山中湖マウントホテルの建物が隠れるほどの高くなりました。こんな情景は初めてでした。
また遠くに南アルプスも見えて、モヤ・雲海越しの南アルプスも珍しい情景でした。
このあと、富士吉田市の農村公園に移動して、「稲干し」風景を撮影しました。大橋昇
1.山中湖パノラマ台
①南アルプス眺望
貫けが少し悪かったですが、モヤ越しの早朝の南アルプスです。右の建物が大出山の山中湖マウントホテルです。
e0080375_924208.jpg


②モヤ・雲海と富士
富士と山中湖は、アングル的には離れていて、纏めるのが難しいのですが、日の出直前からパノラマ台のススキに陽が入るまでの情景をご覧ください。
e0080375_928467.jpg

e0080375_929870.jpg

e0080375_9293261.jpg

e0080375_9294627.jpg


③「初化粧富士」雄姿
パノラマ台からの富士雄姿です。
e0080375_931121.jpg

e0080375_9471340.jpg


2.農村公園「稲干し」
公園は富士吉田市にありますが、公園といっても一般的な遊園地のようなものではなくて、農村関係の施設があるところで、その周辺はほとんどが田圃です。
ここでは、秋に刈り取った稲を干している田園風景が見られるところで、26日は幸いにもその一角にまだ残っていました。
e0080375_940874.jpg

e0080375_9443541.jpg

e0080375_9425455.jpg

[PR]
# by oohasik | 2017-10-31 09:48 | Comments(0)